本文へ移動

ブログ

昔の自分から見えるもの

昔の自分から見えるもの

2018-05-04
 
秋に事務所の引越しがあるので、整理整頓していたら、懐かしい写真が出てきました
写っている先輩方の承諾は得ていないので、勝手に載せることになってしまいましたが、ご勘弁願います
おそらく30年前の写真です
まだ、木村建築設計事務所に在籍中での社員旅行での写真です。
場所はハワイ島です。
当時、先生の別荘があって、2回ほど行かせていただきました
世の中、バブルで、良き時代でした。
旅行から帰省の翌日に、アロハ航空243便事故が起きたのを覚えております。あと一日遅れていたら・・・・
写真をスマホで撮って載せましたので、画像があらくなっていますが、紛れも無く27歳の自分です。若い自分の姿を見て、今を反省するしかありません。あのときの建築青年はどこへ? ハングリー精神はどこへ? 世の中をなめていた頃の自分です。生きることへの不安など微塵も無く、自信に満ち溢れていた頃の元気な若造です。他人の目など気にしていなかったような気がします。
先生からはどう見えていたのか? 写っていたのか? 生きていたら伺ってみたいものであります。https://sogatoru.exblog.jp/15408669/
反省しきりの若造時代ですが、反面教師でもあり、若さって最高の武器であり、可能性のかたまりでした。
毎日、のり弁、しゃけ弁、インスタントのチャルメラでした。チャルメラに一個生卵を入れるのが最高の贅沢でした。衣食住の面では、だいぶ、ひもじい思いはしましたが、大きな夢があったので、心は豊かだったと思います。
二度とあの頃の生活には戻りたくは無いですが、愉快で、懐かしいものです。
木村伝先生とのツーショット、大切な思い出です。
おそらく先生が今の私と同じ頃だったと思います。
せっかく、ハワイに連れて行ってもらったにも関わらずその後、スターツへと転職したのでした。
恩知らずの若造でした。
今、私の長男がちょうど27歳。私とはまったく違う土俵にいます。
幸せってなんなのでしょう?
TOPへ戻る